【AI Shift Advent Calendar 2021】2021.3でTableau+Slack連携が強化されたので、導入してみた

こんにちは、AIチームの友松です。

本記事はAI Shift Advent Calendar 2021の3日目の記事です。

今回は、Tableau2021.3からSlackとの連携が強化されたので、そちらについて導入手順などをまとめていきます。

Tableau + Slack連携

以前のバージョンでもこちらの記事で書いたようにSlackにTableauの通知を送る手段はあったのですが、ユーザーを通知用に追加する必要があり、余計なコストを生んでしまうという欠点がありました。

今回の連携によって、TableauとSlackのメールアドレスの一致を見て、データ駆動アラートや更新失敗通知、ビューへのコメントのメンションを受け取れたりなどメールを見に行くのは煩わしかった作業がSlackで完結します。

また、公式のドキュメントの画像つきの手順が欲しかったため、その手順もまとめていきます。

1. Slackアプリの作成

  • こちらよりSlackアプリの作成を行います。
  • Create New Appを選択し、From scratchを選択します。
  • App Nameと連携するワークスペースを選択し、Create Appを選択します。
  • Add features and functionalityでBotsを選択します。
  • こちらの、Review Scopes to Addを選択します。
  • Bot Token Scopesのうち以下を追加します。
    • chat:write
    • files:write
    • users:read
    • users:read.email
  • 完全修飾 URL https://<url>/auth/add_oauth_token を追加します。
  • <url>にはワークスペースの完全修飾URLが入ります。
  • Basic InformationのApp Credentialsよりクライアント ID、クライアント シークレット、およびリダイレクト URL を 取得し、Tableau サイト管理者に伝えます。
  • [設定] メニューから [基本情報] を選択して [インストール] を選択し、Tableau アプリを Slack ワークスペースに追加します。

2. Tableau OAuthアカウントの設定

以下作業はTableauサイト管理者の権限が必要になります。

  • 左側のタブより設定を選択します。
  • 全般のメニューよりOAuthクライアントレジストリのOAuthクライアントの追加を選択します。
  • クライアントIDクライアント シークレットリダイレクト URL を追加します。

3. Tableauサイトの設定

以下作業はTableauサイト管理者の権限が必要になります。

  • 左側のタブより[設定]を選択
  • 統合を選び、Slackに接続を選びます。
  • 選択したワークスペースでアプリを追加するを選択します。
  • 許可をするとTableauのサイトとSlackのワークスペースが連携されます。

おわりに

今回はSlackとTableauの連携について記事を書きました。

明日は音声対話において重要になる発話区間認識(Voice Activity Detection; VAD)に関する記事が出ますので是非そちらも御覧ください

参考

  • https://help.tableau.com/current/pro/desktop/ja-jp/slack_tableau.htm
  • https://help.tableau.com/current/server/ja-jp/slack_admin.htm